アーケードスロットマシン

ゲームセンターはクレーンゲームやピンボール等のアーケードゲームを楽しみたい人のための場所です。これらのゲームは機械の内部プログラミングされており、中に景品を獲得できるチケット発行されるものもあります。ゲームセンターによっては、ゲーム種類つき複数のマシンが設置されている場合もあれば1種類につき1台設置されている場合もあります。これらのマシンは時とともに改善を重ねており、最近ではVRゲームのマシンも見られます。すべてのマシンはそれぞれに特徴があり、「操作されている」とされるマシンに対しても攻略法を持つ人もいるようです。さまざまな状況がある中でも、人々は自由時間にゲームセンターに行くことを楽しんでいます。 

アーケードゲームのひとつにスロットマシンがあります。プレイヤーの運に基づくゲームであるという点で、ギャンブルゲームに近いものです。スロットマシンは米国の平均的なカジノの収益最大70%も占めるゲームで、カジノで最も人気のギャンブルゲームのひとつとなっています。スロットマシンは長い間プレイされてき年月の中でさまざまな変更や改良が加えられ、発展してきました。 

スロットマシンには通常、ゲーム開始とともに回転を始めるリールが少なくとも3つついています。古い型のマシンはリールを回すためのレバーがついていますが、近代的なものでは通常ボタンを押すかタッチスクリーンを触ってゲームを始めます。また貨幣検知器も備えており、現金、コイン、バウチャー等、プレイヤーの支払い方法チェックします。払い戻しは、リールの回転が止まったときに表示されている貨幣のシンボルに基づいて決まります。 

世界初のスロットマシンは1891年ニューヨーク州ブルックリンのシットマン&ピット社により開発されました。5巻のリールを持ち、ポーカーに基づいて50のトランプのカード面がついたものでした。このマシンは直ちに街中に知れわたり、バーに最低1台置かれるようになりました。ゲームに勝つとお店によってビールや葉巻、その他のドリンクが無料で振る舞われました。 

このマシンではポーカーでちも考慮せねばならず、すべての勝者に早く払い戻しを行うのは困難でした。そのため、カリフォルニア州サンフランシスコのチャールズ・フェイは馬蹄、ダイヤモンド、スペード、ハート、そしてマシンの名前となったリバティベル(フィラデルフィアにある「自由の鐘」のシンボルが3巻のリールについたマシンを開発しましたこのマシンは大人気となり、カリフォルニア州で禁止されたのにも関わらず、他の国からの需要は高いままでした。 

シンの不正疑惑に関する議論が裁判所で尽くされたのち他の州で合法化され世界中でさらに人気を博しました。1963年にはバーリー・マニュファクチャリング社が初のエレクトロメカニカル機構を備えたMoney Honeyを開発、1976年にはフォーチュン・コイン社が初のビデオスロットマシンを開発しました。また、1996年にはWMSインダストリーズ社が初めて「セカンドスクリーン」のボーナスラウンドを提供するスロットマシンを開発しました。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *